» 脱毛のブログ記事

レーザー脱毛の副作用

| 脱毛 |

光脱毛やレーザー脱毛をすることによって体に悪影響はありません。

しかし安全面という点では医療機関での脱毛をお薦めします。
医療機関であれば、もちろん医師による判断で脱毛してもらうことができるので安心です。

レーザーが体に有害な訳ではないのですが、
お肌への負担はあるので注意が必要です。

レーザー脱毛は、熱によって毛の元を焼き、生えにくくするというものです。
お肌の弱い方に強い出力のレーザーを当てると炎症や火傷になる可能性もあります。

脱毛は一歩間違えれば危険な行為です。
万が一のことに備えるためにもきちんと信頼のできる場所で脱毛するということが大切です。

また、万が一肌トラブルが起こった際にも医療機関であれば、
すぐ適切な処置を受けることができます。

エステサロンでも医療機関と提携しているサロンであれば、
すぐにその医療機関を紹介してくれます。

どちらも火傷につける軟膏のようなクリームを処方してくれるだけですが、
お医者さんに見てもらうという安心感はあります。

エステと医療機関、どちらにも一長一短がありますので、
まずは一度体験をしてみてご自身のお肌に合うのかを試してみてください。

昔に比べれば随分安価でできるようになった脱毛。
高額な資金がなければできなかった脱毛ですが、最近では低価格でできるようになりました。
そのため、若い方でも脱毛をしている方は増えています。
脱毛する際には知っておかなければならないことや注意点がいくつかあります。
そして若いうちに脱毛する際の注意点というのもあるので知っておきましょう。

まず脱毛は未成年の場合、保護者の同意がなくてはできません。
未成年で脱毛したい場合にはまず保護者に相談することから始めましょう。

また脱毛は厚生労働省より医療行為として認められています。
そのため、医療機関で脱毛する際に保険が適用されると思っている方も中にはいます。
ただ、毛があるということは病気ではありません。
そのため脱毛は保険適用外となり、実費負担となります。ただ、脱毛の際に炎症が起こってしまった
など治療を受ける際には保険を使用することができるので、毎回保険証は持参しておきましょう。

そして脱毛を始めてからも注意しなくてはならないことがあります。
まず、脱毛期間中は日焼け厳禁です。日焼けをし、お肌が黒くなってしまったら脱毛施術ができくなってしまう
ことがあります。脱毛完了までには1年〜1年半程必要です。
その期間、日焼けしないようにしなくてはなりません。学生の場合は体育の授業や部活動などで
日焼けする環境にいる方は沢山います。そのような場合にはあまり脱毛に適していません。

また成長期に脱毛することで、確実な効果を得られてない場合があります。
医療レーザーは永久脱毛です。しかし脱毛時にまだ成長していない毛があった場合、その毛には効果がありません。
脱毛完了後にそれらの毛が生えて来る可能性があります。
再び脱毛をすれば良いのですが、時間や手間がかかります。

このように若い時期の脱毛は効果にも影響があるような注意点がいくつかあります。
これらを知った上で脱毛するかを判断すると良いでしょう。